今話題の仮想通貨とは!?仮想通貨について簡単にわかりやすくご紹介!

皆さんは仮想通貨といえばどんなイメージをされるでしょうか。
仮想通貨と言えば、「ビットコイン」、「投資」、「詐欺」等ざっくりとわかっている方もいれば、あまり良いイメージを持っていない方もいらっしゃると思います。
今回は、そんな仮想通貨について簡単にわかりやすくご紹介致します。

仮想通貨とはバーチャル上のお金のこと

最近メディアやニュースでよく話題になっている仮想通貨ですが、いまいちピンとこない方が多いのではないでしょうか。

仮想通貨とは何かを簡単に一言で表すと「バーチャルマネー」となります。そのままですね。
バーチャルマネーとは、日本銀行が発行しているお札や小銭のような現物(リアル)として存在せず、それを管理する者も存在しない、言わばデータ上だけで存在するマネーを総称して仮想通貨と言います。

電子マネーにも似ている気はしますが、チャージして使うお金ではありません。
まさしく実体ではなく、銀行にあるお金でもなく、バーチャルマネーとして存在しているのです。
それも仮想通貨は、世界共通で使えるとてもグローバルで魅力的なお金なのです。

仮想通貨の主な3つの使用用途

それでは、一体仮想通貨はどのような場面で利用できるのでしょうか。
仮想通貨の主な使用用途は3つあります。

マルイやビックカメラでも使える決済システム

現状、仮想通貨と言うと「投資」のイメージが強くありますが、サービス決済の際にすでに多くのお店で使われています。
「決済」、つまり仮想通貨で支払いができるということです。

今や日本では、マルイやビックカメラなどでもビットコインで支払いができるようになっています。
もちろん日本だけでなく、決済可能のお店やレストランは、世界中で広がっています。

そこでは、国のお金に換金する必要は一切なく、仮想通貨で支払いができてしまうことなので、大変魅力的ではないでしょうか。

手数料も安くてかなり早い国際送金

次に仮想通貨は、国際送金の際に使うことができます。
しかもこの国際送金が非常に楽に、安価で、そしてスピーディに行えるという魅力があります。

仮想通貨の機関を通して行わない国際送金では、銀行にも因りますが、送金するのに1週間以上かかることもあり、また手数料も4,000円以上かかっていました。

しかし一番国際送金が早くて安価とされる仮想通貨の機関を通すと、わずか7秒~10秒くらいで送金され、なおかつ手数料も20円~40円くらいなので非常に安価で済むのです。

他の仮想通貨にも応用可能なプラットフォームとして役割

そして三つ目に仮想通貨は、プラットフォームとしての役割をもっているものもあります。
それではプラットフォームとは一体何でしょうか。

プラットフォームというのは、そのシステムを動かすための基盤・土台・環境のことを言います。
例えば、iPhoneのプラットフォームと言えばiOSです。
iOSがあるからiPhoneを動かすことができます。

同じように、仮想通貨にもプラットフォームとしての役割を持った仮想通貨があるので、そのプラットフォームを使い、各々のプロジェクトに適した仮想通貨が生まれるのです。

仮想通貨の種類は1,600種類以上ある

魅力的な仮想通貨ですが、現在何種類あるのでしょうか。
実は、2018年3月31日現在では、1,600種類以上となっています。
中でも代表的な仮想通貨が下記3つの仮想通貨です。

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)

この3つの仮想通貨を知っているだけでも、仮想通貨を少し知っている”風”になれます
現状では1600種類近くの銘柄が存在しますが、今後も世界中のプロジェクトによる新しい仮想通貨の登場により、その種類は増加していくことが考えられます。

ちなみに、先ほどの3つの使用用途を挙げましたが、主にはこの3つの仮想通貨の用途でした。

ビットコイン(BTC)・・・決済としての役割を持った仮想通貨
イーサリアム(ETH)・・・プラットフォームとしての役割を持った仮想通貨
リップル(XRP)・・・安価でスピーディな国際送金としての役割を持った仮想通貨

ビットコインの歴史・始まりは謎の人物サトシナカモト

それでは、仮想通貨の起源は一体何なのでしょうか。
仮想通貨の起源、それはビットコインです。

ビットコインは2009年にスタートをした仮想通貨となります。
2008年11月、いきなりサトシナカモトという人物がネット上で一つの論文を発表しました。

サトシナカモトは、この論文の中でブロックチェーンという画期的な技術を利用したビットコインという仮想通貨について発表したのです。

その後、サトシナカモトはなぜか姿を隠し、2009年にサトシナカモトの構想に賛同する数人の技術者がビットコインのシステムを作り上げ、ビットコインが生まれたと言われています。

なお、サトシナカモトの正体は徐々に分かってきているようですが、今もなお完全には明らかになっていないのです。

ブロックチェーンという画期的な技術

ビットコインの何が一番凄いのかと言うと、それはブロックチェーンという技術にあるのです。
このブロックチェーンが分かれば、仮想通貨についてある程度の知識はついた言えるでしょう。

それでは、ブロックチェーン技術とは一体何でしょうか。
ブロックチェーンを一言で簡単に言うと「取引履歴」のことです。

皆さん、大きな1つの箱を想像してください。

そこには、私たちがバーチャル上でビットコインを売買した履歴が入っています

そしてその箱は、10分置きにまた新しく箱が作られていき、その箱は次々にチェーンでつながっているものです。

それがブロックチェーンです。
それではなぜこのブロックチェーンが画期的なのでしょうか。

皆で使える取引履歴

まずこのブロックチェーンは、みんなでこの取引履歴を見ることができます。
つまり、自分の取引履歴はもちろんのこと誰でもみんなの売買履歴を見ることができるのです。

「それってかなり怖くない?」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。
誰でも見れるということは、だれでも改ざんできる可能性を持っているからです。

しかし心配ご無用です。みんなで守る仕組みがあるからです。

皆で守る取引履歴

それでは、みんなで守る仕組みというのはどういうことなのでしょうか。
みんなで守るというのは、みんなで管理するという事です。

先ほどもあった通り、ブロックチェーンのにある取引履歴は誰しも閲覧可能です。
これは、みんなで管理しているという事にもなるのです。
しかしただ見ているだけでは、当然管理していることにはなりません。

実は、ブロックチェーンにはセキュリティに特化した心強い味方がいるのです。
それが、マイナーと呼ばれる人たちと言われいます。

マイナーというのは先ほどのブロックチェーンという箱を創る人たちのことです。
この箱を創ることをマイニングと呼びます。

箱を創る、要はセキュリティが強固になることを表し、マイナーと呼ばれる人たちはその対価として、ビットコインがもらえるのです。
これがマイニングという仕組みです。

このブロックチェーンの箱はたくさんあればあるほど、セキュリティは強固になっていくのです。

非常に固いセキュリティ

このブロックチェーンの箱がなぜセキュリティが固いのでしょうか。

まず、10分に1つ箱が創られますが、仮にこの1つの箱をハッキングして内容を改ざんしようとすると、10分以上の時間がかかるといわれています。
まず並大抵のハッカーでは、改ざんは不可能です。

そしてたとえ、10分でハッキングできたとしても、10分後にはまた新しいブロックチェーンの箱が創られるのです。

そこで古い箱の取引履歴と新しい箱の取引履歴の内容に違いがあれば、そこですぐに不正を発見することができます。
また、不正したアドレスを追う事もできるので、非常にセキュリティが固いと言えるのです。

この3つがあるからブロックチェーンは魅力的なのでしょう。

魅力的な仮想通貨の将来性

ここまでの内容を読めば、皆さんは仮想通貨についてある程度の知識はついたと言えるでしょう。

仮想通貨に悪いイメージを持っていた方もいらっしゃったかと思いますが、物事を側面だけでみると考えは偏ってしまうものです。

もしかすると、今まで見たり、聞いたりしていた知識というのは単なる側面の内容かもしれません。
もっと深く知ると、実は全くとらえ方が違ったり、素晴らしいものであるかもしれないのです。

今後この魅力的な仮想通貨は、至るところで目にするようになるでしょう。
そして、仮想通貨は世界をより豊かにする力を持っていると思います。

今後もこの大変魅力的な仮想通貨に注目しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

Shun.K

【プロフィール】 ~経歴~ 東京都出身、埼玉県在住の韓国人似です。 青山学院大学→通信会社営業部→通信会社人事部→独立 ~性格~ 慎重派、突発的行動タイプ、気分屋、プライドが高い ~趣味~ お酒、映画鑑賞、一人旅、動画編集