時の体感スピードも年々変化する!?起業のためのマインドセットについて

みなさんは今どのような夢を追っていますでしょうか。
起業したい方、何か夢を叶えたい方、とにかく何かしたい方等色んな方がいらっしゃると思います。
その皆さんに共通して大事なことがあります。それがマインドセットです。
今回は、起業の夢を追う私が気づいたマインドセットの方法をお伝えします。

体感スピードは上昇する

気づけば、もうすぐ2017年も終わります。
皆さんも最近ふと思ったことがあったのではないでしょうか。
どうして1年はこんなに早く感じるのかとても気になります。

実は、歳をとる毎に時間が過ぎる体感スピードも上がっていくそうです。
皆さん、ジャネーの法則というものをご存じでしょうか。

ジャネーの法則は、主観的に記憶される年月の長さは年少者より長く、年長者にはより短く評価されるという現象を心理学的に説明した法則と言われています。

例えば、50歳の人間にとって1年の長さというのは、人生の50分の1ですが、5歳の人間にとって1年の長さは5分の1に相当します。

つまり、50歳の人間にとっての10年間というのは、5歳の人間にとっての1年間に当たるという非常に短く感じてしまうということでしょう。
ちなみに、5歳の人間にとっての1日は、50歳の人間にとっては10日に当たることになります。

歳を重ねるごとに、時の体感スピードというのはこれほどまで異なるということです。
非常に恐ろしいことではないでしょうか。
ここで皆さんにお伝えしたいことは、要は『人生は非常に短く感じてしまう』ということです。

あっという間に歳をとり、今日も終わってしまったと嘆く日々が、必ずやってきます。
もしかしたらやりたかったこともできなくなってしまうかもしれません。

やはり、『人生は一度きり』ですので後悔はしたくないものです。

『起業をする=成功する=お金を稼いでる』ではない

人生後悔しないため、私たちも最近では起業する上でも大切な『つながり』を創る努力をしています。
いろんな社長や様々な業界の方に出会い、起業についての話をきいていました。

例えば、物流業界で年商10億稼ぐ社長や、18事業を営む社長、ビジネススクールを営む社長等です。
どの方のお話を聞いても刺激になる話ばかりでした。

しかし、いろんな方の話を聞くにつれて、自分が何をしたいのか、分からなくなっていました。
いつの間にか、『起業をする=成功する=お金を稼いでる』という考えにシフトされていました。

どこか焦っていたところもあったかと思います。
人間としての暖かさは消え、お金に執着するような醜い人間に成り下がっていました。

そんな時、ある社長はこう言いました。

「日本で最強の言葉、ありがとう。と言われるビジネスをしなさい。お金じゃないよ。ビジネスは信頼が第一だよ」

私はこの話を聞いて、我に返りました。
ただ単に目先の利益だけを追っている自分に、気づいたのです。

目先の利益も確かに大事かもしれませんが、大きな対価にはならないことのほうが多いように思えます。
大きな対価はこの先もつながることができる関係性にあるのではないでしょうか。

一番、大事なことを忘れていた気がしました。

あとは行動するかどうか自分次第

社長の言葉を聞きそれから、すぐに自分のやりたい仕事が思い浮かびました。
来年は激動の一年になりそうです。

今、同じ思いで、動かれている方は、原点に戻るということも大切かもしれません。
初心を忘れないでください。起業の初心は、感謝から始まっています。
感謝される仕事が、必ずしもすべてとは限りませんが、ビジネスは最終的に「ありがとう」につながるべきだと思います。

もう一度ご自身のマインドを振り返ってみてはいかがでしょうか。
また新たなマインドに気づくかもしれません。

 

ABOUTこの記事をかいた人

T&K

*連絡先* t.k20170618@.com 【Tについて】 ~経歴~ 25歳、埼玉県出身の埼玉県在住 東洋大ライフデザイン学部→福祉関係の営業、管理者→営業兼社内SE ~性格~ 行動派、せっかち、真面目、涙もろい性格 ~趣味~ お酒を飲む、映画観賞、動画編集やカラオケ 【Kについて】 ~経歴~ 東京都出身、埼玉県在住の26歳独身です。 青山学院大学総合文化政策学部→某モバイル会社法人営業部→某モバイル会社人事部 ~性格~ 慎重派、突発的行動タイプ、気分屋、プライドが高い ~趣味~ お酒、映画鑑賞、一人旅、動画編集 詳しくはプロフィールへ。